HOME更年期障害の症状

文字サイズ
このページのトップ

更年期障害の初期症状(生理不順~閉経まで)

更年期障害の代表的な初期症状には、のぼせや顔のほてり、異常な発汗、動悸や息切れ、頭痛などの身体的症状のほか、物忘れ、イライラ、不眠、鬱(うつ)などの精神的な症状が挙げられます。
また「そろそろ更年期に入ってきたかな?」と感じる理由として一番多いのが生理不順です。一般的に40代半ばで生理不順などの異常がではじめた場合は、更年期になったと判断してよいといえます。更年期になってから閉経を迎えるまでの期間も個人差がありますが、一般的には2~3年という人が多いようです。

このページのトップ

更年期障害に見られる症状(閉経後)

閉経後によく見られる症状としては、性交痛や膣炎、膀胱炎、尿失禁、かゆみ・しびれなどの皮膚の炎症、目・喉・鼻の異常などがあります。また腰痛や膝関節痛などの関節の痛みも多く現われます。またうつ症状、イライラ、無気力など心理的・精神的な症状も多く見られます。
このように、更年期障害にはさまざまな症状があり、また人によって症状の出方や度合いがまったく異なります。
また、更年期障害を患って苦しんでいる人が、 周囲の目からは怠けていると映ることがあり、そのことがますますプレッシャーになって症状が悪化するケースが多くあります。更年期障害を無事に乗り越えるためには、パートナーや家族、周囲の人たちからの理解や協力が必要です。

このページのトップ

更年期に起こる不正出血

更年期になると生理が不順になります。個人差もありますが、毎月定期的に訪れていた生理が早くなったり遅れたりと周期が乱れはじめ、生理の期間や出血の量にも変化が見られるなど、人により症状はさまざまです。また周期の乱れ、出血量の増減だけでなく、不正出血が起こることもあります。不正出血は、まずは妊娠の可能性が疑われますが、妊娠でない場合には更年期障害による出血であると考えられます。ただし、子宮がんの症状である可能性もあるため、注意が必要です。

このページのトップ

更年期に発症しやすい病気

写真更年期の時期は、子宮がんの好発年齢と言えます。不正出血がある場合、更年期障害による出血の可能性が高いものの、やはり確実な判断をするためには子宮がん検診を受けた方が良いでしょう。子宮がん検診は、子宮頚がん検診と子宮体がん検診の2種類あり、子宮の出口からの出血であれば頚がん検診、子宮の内側からの出血であれば体がん検診が必要です。どちらかの区別が付きにくい場合には、医師に相談の上、それぞれの検診を受けることをお勧めします。
ほかに更年期に発症しやすい病気としては骨粗鬆症があります。更年期になると、骨を形成する機能を持つ女性ホルモン「エストロゲン」が減少するため、骨密度が下がります。ひどい場合は、骨粗鬆症が発症します。骨密度が一度低下してしまうと、後から元の状態に完全に戻すのは不可能だと言われており、発症する前の予防・対策が大変重要です。このエストロゲンの欠乏を補足するためにはカルシウムの摂取が必要です。摂取したカルシウムを骨に定着させ骨量補強をするためには、適度な運動が必要となります。
また、更年期障害の不正出血は、時に大量の出血をひき起こすことがあります。このような場合は簡単に止血できないことがあるため、入院が必要となる場合もあり、十分な注意が必要です。

このページのトップ

女性ホルモン「エストロゲン」の減少に起因する主な症状

女性ホルモン「エストロゲン」の重要な役割のひとつに、関節を滑らかに動かすという作用があります。もともと女性の筋肉量は男性に比べて少なく筋力が弱いのですが、筋力の衰えによる肩こり・腰痛・関節痛に加えて、エストロゲンの減少による関節痛が重なり、さらに症状を悪化させます。
エストロゲンの減少による膀胱および周辺の筋力低下、粘膜の萎縮などが原因で、くしゃみや咳をした時に尿が漏れてしまう、トイレに行ったけれど間に合わなくて失禁してしまうといった、頻尿・尿漏れ・失禁・残尿感などの症状が現れてきます。そのほかの特徴的な病状としては、性行痛・性欲の減退、骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などが挙げられます。
またエストロゲン欠乏により、脳の自律神経がバランス崩すために生ずると考えられているのが、ほてり・発汗・動悸などの身体的症状と、不眠・うつ症・イライラなどの精神症状などです。

このページのトップ

更年期障害の精神症状と鬱(うつ)

写真更年期には、身体的症状以外にも、不眠、イライラ、無気力、不安感といった鬱(うつ)状態のような精神的症状が現われることが多くあります。この年代によくある環境の変化として、子の親離れ、親の介護、夫婦関係の不良などの問題があり、心身に大きなストレスとなっています。このような日常生活で感じるストレスが更年期障害のうつ症状をさらに悪化させる原因になっている場合もあります。
更年期障害のうつ症状などの心理的症状から引き起こされるのが、極度の疲労感や睡眠障害などです。睡眠障害は、眠りについてもすぐに目が覚めてしまったり、長時間睡眠をとっているのに朝の目覚めが悪かったりするため、ますます不眠症が悪化するといった悪循環が起こります。さらに、こういった更年期障害に起こる心理的症状が発展することによってうつ病になる女性も多くいます。
また更年期に稀に見られる症状に、初老期鬱(うつ)の症状があります。これは女性ホルモンの減少が原因ではないため、ホルモン治療を受けても治るわけではありませんが、ホルモンが減少していることによって症状が悪化している可能性も考えられます。また更年期障害による鬱(うつ)との違いが判断しづらいため、この場合もホルモン補充療法を行うことあります。
一般に、女性が一生のうちにうつ病にかかる確率は男性の約2倍とされています。出産や更年期障害などによる女性特有のライフサイクルとホルモンバランスの変化が主な原因と考えられます。更年期にうつ病を併発した場合は、特に深刻です。うつ病に気付かずに更年期障害の治療を続けていてもうつ症状の改善は見られず、それどころかさらに更年期障害の症状が悪化する場合もあり、十分な注意が必要です。

このページのトップ
このページのトップ